プロミスの限度額変更と在籍確認の問題について


消費者金融大手のプロミスで限度額の変更をプロミスに依頼すると職場への在籍確認が行われる場合があります。

職場への在籍確認の意味ですが、限度額をあげてもきちんと支払をしてくれるのかどうかを確認するためのものです。プロミスのカスタマーサービスセンターのスタッフが個人名で利用者の職場にかけてきます。

一番良いのは利用者本人が電話に出るのが一番です。利用者が電話にでたら、プロミスの在籍確認とカスタマーサービスセンターのスタッフが伝えます。

担当者にもよりますが限度額が上がる可能性が高い事が伝えられます。利用者が電話にでなかった場合でもきちんと働いている事が確認できれば審査通貨となる可能性が高くなります。

その場合には約1週間程度したら限度額が上がったプロミスのローンカードが送付されます。

あまりありませんが、在籍の確認が確認でにない場合にはプロミスは入会したのちにきちんと働かなくなったと判断する場合がかなりあります。厳しい担当者だと限度額の増枠ではなく逆に減額や強制解約となる場合もあります。

審査の際には信用情報登録機関に他のカードローンやクレジットカードの申請の履歴がある場合には、プロミスとしてはお金に困っている可能性があると判断します。

そのように判断された場合にもカードローンの限度額は増枠されることはなく、逆に減額される場合があるので、そのような状態の時には申請を見送る方が良い場合がほとんどです。

プロミスの限度額増額の申し込みは電話でも可能?

金融機関からお金を借りることが便利になっていて、最近は多くの人がこのような方法を行っています。プロミスもそのような使いやすい金融機関の一つですが、この金融機関を利用していて借りられる金額が少ないと感じることがあります。

そういう時は限度額の増額を申し込むと対応がしやすく、いい条件でお金を借りられることもあります。

プロミスから借りられるお金の限度額は、最初に申請した時は低く設定されることが多いです。それは金融機関の信頼があまりないからで、その影響で借りられる金額が低くなってしまいやすいです。

そのような問題があるのでプロミスの限度額を大きくしたいと考えることがありますが、その手続の方法には複数のものが存在します。

楽な方法としてはプロミスのホームページを利用したやり方があり、この方法はいつでもできるのでやりやすいです。

他の方法としては電話を使ったやり方も使いやすく、相手と相談しながらできるので利用者が多い方法になっています。

電話を使って限度額を増やしたい時に問題になるのは、必要な資料をどのような形で送るかということです。

ネットの場合は必要な資料をメールで画像化して送ることができますが、電話ではそのようなことをすることができません。そのため普通に行う場合は郵送を行うかFAXなどを使って、必要な資料を提出することになります。

ただ最近は携帯を利用することが一般化していますから、以前に比べるとこのような手間は減りつつあります。携帯ならば画像データも送ることができるので、そういう形で対応ができれば楽に手続きをすることができます。