プロミスカードローンの初回契約時の限度額と金利設定


arrows-2899888_640

金融機関のカードローン案内には限度額と借入利率が記載されていますが、どちらにも幅があります。プロミスの場合は限度額が500万円、借入利率は4.5%~17.8%です。

しかし、これではプロミスのカードローンに申し込むときに、実際のところどのくらいの金利でいくらくらい借りることができるのか不安になることもあるのではないでしょうか。

まず、大前提としてプロミスなど消費者金融には貸金業法による総量規制の制限があり、他社借入との合計で年収の3分の1以上の貸付ができません

例えば年収300万円の人は100万円までしか借りることができません。また、他社借入がなかったとしても、初めての契約の場合は100万円の借入は難しいでしょう。

プロミスを含めてどの金融機関でもカードローンに申し込むと審査が行われます。審査は返済能力と信用を推し測るためのもので、本人確認、勤務先確認、信用情報機関への照会などが行われます。

ただ、ここで問題なしと結果が出ても、プロミスのカードローン利用実績がない状態では限多額の融資を受けるのは困難です。より多くの融資を受けるためには一定期間きちんと返済し続けたという利用実績が必要です。

ですので、プロミスの初回契約時は多くて30万程度、50万円を超えることは稀でしょう。

また、金利も上限いっぱいの17.8%になることがほとんどです。利用実績のない初めての顧客に対しては少額の融資で返済能力を確認したいからです。

もちろん、利用実績を積み上げていくことで優良顧客と判断されれば増額は可能ですし、金利も下がります。

プロミスの限度額が下がるときに考えられる原因とは

プロミスの限度額が下がることがありますが、理由もなく勝手に行われることはありません。原因として考えられるのは信用を失ったり、増額審査に落ちた、法的に借り入れが不可になったなどです。

プロミスを利用していて返済日に確実に返済を行っていれば限度額が下がることはありませんが、遅延を起こしていると信用を失い、現在の限度額が適正ではないと判断されるため、引き下げが行われます。

また、遅延が長引いたり、すぐに解消できた場合でも何度も繰り返していると強制解約される危険性もあるので、遅延を起こさないように利用しなければなりません。

プロミスで限度額を増額するときには審査に通らなければなりませんが、このときに利用状況の見直しが行われるため、返済能力が十分でないと判断されると増額できないだけでなく引き下げや借り入れの一時停止などが行われることもあります。

そのため、増額審査に通る見込みがあるときに申し込む必要があります。

プロミスは消費者金融であるため総量規制の対象になり、年収の3分の1以上の借り入れができないことも影響します。

新規契約時や増額時には総量規制の制限までに余裕があっても、年収が下がってしまったり、他社からの借り入れを増やして制限に達しそうになっていると、引き下げが行われる場合があります。

他社からの借り入れ状況も個人信用情報機関の記録で把握できるので、プロミスの限度額にも影響します。

プロミスをメインに使用するのであれば、他社から借り過ぎないように注意します。