プロミスでatmから引き出しできる限度額はいくら?


206838

プロミスを利用している方で、一回にatmから引き出しをできる限度額について疑問に思っている方もいるでしょう。

プロミスは、atmから引き出し可能なのは、1回に20万円までとなっています。

もちろん、融資限度額の範囲であれば、何度でも降ろせますので、50万円まで必要な場合には、何度かに分けて降ろせば良いでしょう。

プロミスのatmはコンビニ、銀行と提携をしていて、全国どこでも自由に降ろすことが可能になっています。

プロミスはWeb完結で申し込みが完了し、いざという時に即日で融資も可能な、人気の消費者金融です。atmも、無人契約機はもちろん、コンビニや各種金融機関等で利用でき、必要な時にすぐに借入ができる頼りになる消費者金融です。

借入時の審査に必要な書類も、運転免許等の身分証明と、旧明細等の収入証明さえあれば良いという簡便さで、即日融資も可能な人気になっている金融機関です。

審査も最短で30分で済、急な資金繰りに本当に役にたつ消費者金融です。初回借入時には、30日間無利息サービスもあり、急な失職等の憂き目にあった場合の繋ぎに使うにも最適な消費者金融です。

簡易審査機能もあり、事前に自分が審査可能かを判断してから申し込むこともでき、とても頼りになる消費者金融です。プロミスは長年の信用と実績により、多くの方に指示をされている消費者金融です。アルバイトやパートの方でも、安定した収入さえあれば、誰でも申し込みができます

学生や主婦の方でも審査を受けることが可能な、頼りになる消費者金融です。

プロミスの限度額が決まっている理由

プロミスの限度額が決まっている理由は大きく分けて2つあり、ひとつは法律的な理由によるものです。現在では金融業者の貸しすぎを防ぐために、その人の年収の三分の一以上の借り入れはできないというものがあります。

それに抵触をする場合には借りることが出来ないことがあるので、それによって限度額に達してしまうということがあります。

次にプロミス自身が貸倒れを防ぐという目的もあり、相手にあまり大きなお金を貸すことが出来ないと判断した場合には限度額も低めに抑えられてしまうということがあるのです。

ルールの範囲内であれば、いくらでも融資をすることは可能ですがプロミスは商売としてお金を貸しているわけですから、貸倒れの高い相手に対して無尽蔵に融資をするということをする訳にはいきません。

そのため、信用の少ない相手に対しては限度額が低くなってしまいますから、このような理由があって限度額が決まることになるのです。

更にプロミスが保有している資産というのも限りがありますから、一人あたりに貸すことができる限度額を設定しておかないとプロミス自身が破綻をしてしまうことになりますから、青天井に借りるということは出来ないのです。

ひとりひとりどれだけお金を借りることができるのかというのは、その人の信用に関わってくるので一概にこの位というのは言えませんが、返済に余裕があると見られた人ほど限度額は大きくなり、逆は小さくなる傾向にあります。